愛媛県、平成29年度資源循環優良モデルを決定

発表日:2018.02.16

愛媛県は、平成29年度愛媛県資源循環優良モデルを決定したと発表した同県では、循環型社会の構築を目指して、他の模範となるようなリサイクル製品、廃棄物の発生抑制(リデュース)・再利用(リユース)・再資源化(リサイクル)に積極的に取組んでいる事業所や店舗を優良モデルとして認定し、県内や他の事業者等への波及を図っていくため、「愛媛県資源循環優良モデル認定制度」(通称:スゴeco)を平成13年度から実施している。今回、平成29年度の優良モデルとして、1)優良リサイクル製品:(株)カネシロ、(株)西田興産、西日本砕石(株)、(株)E-システムの各1製品、2)優良循環型事業所:(株)E-システム 新宮工場、3)優良エコショップ:和風彩館 季の屋 四国中央店、を決定した。これにより、これまでの延べ認定数は175件、平成30年2月22日時点での現行認定数は132件となった。同県では、平成30年2月22日に県庁において、認定証交付式を開催するという。

新着情報メール配信サービス
RSS