環境省、「環境にやさしい企業行動調査」(平成29年度)の結果を公表

発表日:2019.05.27

環境省は、平成29年度「環境にやさしい企業行動調査」の結果を公表した。同調査は、わが国の企業において環境に配慮した行動が定着し、環境保全に向けた取組が効果的に進められるよう、その実態を的確かつ継続的に把握し、これを評価し、その成果を普及させていくことを目的として、平成3年度から継続して実施しているもの。今回、平成29年度における取組について、平成31年2月から3月にアンケート調査を実施した。その結果、1)ISO14001、エコアクション21等の第三者が認証する環境マネジメントシステムを構築・運用している企業:51.2%、2)グリーン購入を実施している企業:59.3%、3)環境報告書を作成・公表している企業:34.0%、4)環境ビジネスを行っている企業:33.2%、5)地球温暖化対策の推進に関する法律36条第1項に定める計画を作成している企業:50.1%、6)環境会計を導入している企業:20.3%、であった。

新着情報メール配信サービス
RSS