Re-Seed機構、TCFD提言への賛同およびTCFDコンソーシアムへ加入

発表日:2019.12.10

Re-Seed機構は、2019年12月2日にTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に賛同を表明するとともに、2019年12月10日にTCFDコンソーシアムに加入したと発表した。Re-Seed機構は、国土交通省および環境省による「耐震・環境不動産形成促進事業」の基金設置法人として、老朽・未利用不動産に対する民間投資の呼び水となるリスクマネー供給を通じ、耐震・環境性能を有する良質な不動産の形成を促進することによりESG投資に取り組んでいる。今回のTCFD提言への賛同およびコンソーシアムへの加入を踏まえ、今後、同提言を踏まえた気候変動に関するリスクと機会の認識など適切な対応を図るとともに、こうした取組を通じて良質な耐震・環境不動産の更なる普及促進に向け、ESG投資を推進していくという。

情報源 (一社)環境不動産普及促進機構 新着情報
環境省 報道発表資料
国土交通省 報道発表資料
機関 (一社)環境不動産普及促進機構 環境省 国土交通省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 国土交通省 | 気候関連財務情報開示タスクフォース | TCFD | ESG投資 | TCFDコンソーシアム | Re-Seed機構 | 耐震・環境不動産形成促進事業 | 基金設置法人 | 老朽・未利用不動産
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS