NTN、長野県内の生産拠点における「ミヤマシジミ」保護活動の成果を紹介

発表日:2020.06.29

軸受を主力に精密機器を製造するNTN(株)は、生産拠点である長野製作所(上伊那郡箕輪町)の敷地内で、保護活動を行ってきたチョウ「ミヤマシジミ」の羽化を確認した。このチョウは、幼虫期の食草(コマツナギ)の減少などにより個体数が減っており、環境省のレッドデータブックにおいて絶滅危惧IB類に指定されている。同社は、同社の策定した環境基本方針や、2019年に長野県と結んだ「生物多様性保全パートナーシップ協定」に基づく取組として、ミヤマシジミの保護活動を行っている。保護活動の一環として、長野製作所の敷地内に、保護区を整備し、コマツナギを植樹、産卵試験、保護区の草刈りなどを自然保護団体や信州大学の指導のもと実施してきた。2020年4月には幼虫が孵化し、6月2日に初めて羽化を確認してから、これまで10匹以上が羽化している。今後、保護区の拡張や繁殖の安定化に取組み、将来的には自然環境について考える場として市民へ開放する予定であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS