長野県、自然エネルギー地域発電推進事業(令和2年度)の補助対象事業の2次募集を開始

発表日:2020.07.03

長野県は、令和2年度自然エネルギー地域発電推進事業による補助対象事業の2次募集を開始すると発表した(募集期間:令和2年7月3日~8月3日17時必着)。同事業は、地域主導の自然エネルギー事業を県内各地に波及させるため、市町村や地域の多様な主体が行う固定価格買取制度(FIT制度)を活用した自然エネルギー発電事業に対して支援し、地域主導の自然エネルギー事業を県内各地へ波及させることを目的とするもの。対象事業は、1)ソフト事業:自然エネルギー発電(太陽光発電を除く)に係る調査事業、計画作成事業及び設計事業、2)ハード事業:自然エネルギー発電に係る発電設備導入事業。補助率及び補助上限額は、1)が2/3以内で上限7,000千円、2)は、太陽光発電が1/4以内で上限額15,000千円、小水力発電等が3/10以内で上限額90,000千円となっている。同県では、学識経験者等で構成する選定委員会により、事業性、公共性、地域性の観点から審査を実施し、同年9月上旬に採択事業の決定(内示)を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS