環境省、脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業(補助事業・令和2年度)の四次公募を開始

発表日:2020.10.20

環境省は、令和2年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業(補助事業)の四次公募を開始すると発表した(公募期間:令和2年10月20日~11月20日)。同事業は、化石由来プラスチックの代替素材である再生可能資源への転換及び社会実装化又はプラスチック等のリサイクルプロセス構築を行うことにより、プラスチック等の資源循環システムを構築し、エネルギー起源CO2排出を抑制することを目的に、事業に要する経費について、1/3又は1/2を上限に補助するもの。対象事業は、国内の事業所において実証を行う、1)化石由来プラスチックの代替する省CO2型バイオプラスチック等(再生可能資源)への転換・社会実装化実証事業、2)プラスチック等のリサイクルプロセス構築・省CO2化実証事業、となっている。募集内容の詳細は、同事業の執行団体である(一社)日本有機資源協会のホームページで閲覧できる。

情報源 環境省 報道発表資料
(一社)日本有機資源協会 公募・イベント
機関 環境省 (一社)日本有機資源協会
分野 地球環境
環境総合
キーワード 環境省 | 実証事業 | プラスチック | 再生可能資源 | 脱炭素社会 | 資源循環システム構築 | リサイクルプロセス構築 | 代替素材 | エネルギー起源CO2排出 | 化石由来プラスチック
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS