滋賀県、「琵琶湖保全再生施策に関する計画(第2期)」を策定

発表日:2021.04.01

滋賀県は、「琵琶湖保全再生施策に関する計画(第2期)」を策定した。同県では、「琵琶湖の保全及び再生に関する法律(平成27年法律第75号)」に基づき、平成29年3月に琵琶湖保全再生施策に関する計画を策定し、琵琶湖の保全及び再生に向けて施策を推進してきた。今回、令和2年度末で計画期間が終了することから、計画の改定作業を進め、県環境審議会および県議会での議論や、国・関係地方公共団体をはじめ住民や関係団体などとの意見交換等を踏まえ、「琵琶湖保全再生施策に関する計画(第2期)」の策定に至った。今回の改定では、「琵琶湖の呼吸」ともよばれる全層循環未完了や気候変動への対応、マイクロプラスチックを含むプラスチックごみ対策などを新たな課題への対応と位置づけ、減少傾向にある外来魚(ブラックバスやブルーギル)対策やオオバナミズキンバイ対策に関してさらなる減少に向けて効果的、効率的な対策を進めることなどを位置付けたという。なお計画期間は令和3年度から令和7年度の5年間としている。

新着情報メール配信サービス
RSS