海士町、地域のデータを見える化・地域課題の特定を推進

発表日:2021.08.02

海士町(島根県隠岐郡)は、同町にある様々なデータを一元管理して見える化できるシステムとして、「海士町版RESAS」をリリースした。「RESAS(地域経済分析システム)」は、内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が運用している、産業構造・人口動態や、環境省が提供する「地域経済循環分析」など官民のいわゆるビッグデータを集約し、可視化を試みるシステムのこと。海士町は、日本海に浮かぶ隠岐諸島にあり、少子高齢化が加速する中、「島留学」や鮮魚用の急速冷凍システム(CAS)の導入など持続可能な島づくりを目指した取り組みを進めている。今回、地域経済の発展と地域活動の活性化のための取組をより効果的、戦略的に行うとともに、官民連携による政策立案や事業検証、改善活動等も推進していくことを目的とし、「海士町版RESAS」の公開に至った。一般公開されるデータは、地区別人口構成、ライフステージ動向、出生数・結婚世帯分析で、そのほかに特定の関係者に限定して公開するデータも整備した。今後は、まちづくり、関係人口、ふるさと納税等も追加リリースを予定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS