福島県と環境省、「除染情報プラザ」を設置

発表日:2012.01.20

福島県と環境省は、放射性物質に汚染された地域の除染に関して、専門家の派遣や情報発信を行う拠点となる「除染情報プラザ」を設置したと発表した。今後の除染活動の本格化に伴い、その活動を支える各分野の専門家の派遣要請や除染ボランティアの需要が高まることが想定されている。特に専門家の派遣については、放射線全般に関する講習会での講師、放射線量のモニタリングについての技術指導、市町村委託の業者や除染ボランティア参加者に対する作業方法や放射線被ばくに係る留意事項の説明等のニーズがある。今回設置された「除染情報プラザ」は、こうしたニーズに応える拠点となるもので、平成24年1月20日(金)より電話及びメールで、除染等に関する専門家の派遣要請の受付を開始する。なお、今回派遣される専門家は、放射線に関する学会等の関係機関、関係団体の協力の下、有志のボランティアとして活動するという。

情報源 福島県 除染情報プラザについて
環境省 報道発表資料
環境省 除染情報プラザ
機関 福島県 環境省
分野 健康・化学物質
大気環境
水・土壌環境
キーワード モニタリング | 環境省 | ボランティア | 福島県 | 専門家 | 放射性物質 | 放射線 | 被ばく | 除染 | 講習
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS