環境省、放射性物質汚染対処特措法に基づく汚染状況重点調査地域を指定

発表日:2012.02.24

環境省は、放射性物質汚染対処特措法に基づき、汚染状況重点調査地域を指定したと発表した。放射性物質汚染対処特措法では、環境大臣は、その地域内の事故由来放射性物質による環境の汚染の状況について重点的に調査測定をすることが必要な地域を汚染状況重点調査地域として指定するものとされている。今回、放射線量が1時間当たり0.23マイクロシーベルト以上の地域である汚染状況重点調査地域として、宮城県亘理町と福島県柳津町を指定した。これにより、汚染状況重点調査地域として指定した市町村は、平成23年12月28日に指定した102の市町村と合わせ、104市町村となる。なお、正式には平成24年2月28日(火)に告示を公布することとなる予定。

新着情報メール配信サービス
RSS