環境省、地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査の結果を公表

発表日:2012.11.13

環境省は、地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査の結果を公表した。地中熱を利用したヒートポンプは、冷暖房等に使われる省エネルギー技術の一つで、排熱を大気中に出さないこと等から、地球温暖化対策として、またヒートアイランド現象の緩和対策として、近年設置数が急速に増えている。同調査は、今後の地中熱利用の普及促進を図るための基礎資料とするため、NPO法人地中熱利用促進協会の会員、協会が地中熱利用に関する実績を把握している事業者・大学・地方公共団体などを対象にアンケート調査を行ったもの。今回の結果では、地中熱利用ヒートポンプシステムの年間の設置件数は、2011年は207件で、累計は990件となった。これは、2010年の145件に比べ43%増加し、2010年も前年より25%増加していることから、近年急速に増えている。同省では、今回の結果を地中熱利用ヒートポンプの普及促進方策の検討に活用するという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード ヒートポンプ | 省エネルギー | ヒートアイランド | 地中熱 | 地球温暖化 | 環境省 | アンケート | 排熱 | 設置 | 地中熱利用促進協会
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS