欧州連合統計局、持続可能な開発目標に対するEUの取組の進捗を報告

発表日:2019.06.28

欧州連合統計局(Eurostat)は、持続可能な開発目標(SDGs)に対するEUの取組の進捗を評価した報告書(2019年版)を公表した。同局が各目標に関連したEU指標を用いて評価した結果、データ不十分のために総合評価ができなかった3つの目標を除く14の目標のうち、12の目標については過去5年間で総合的な進展がみられたという。特に、目標3「保健」、目標1「貧困」、目標8「成長・雇用」の順に大幅な進展がみられた。また、ある程度進展がみられたのは、目標4「教育」や目標11「都市」、目標17「実施手段」、目標2「飢餓」、目標5「ジェンダー」、目標10「不平等」、目標7「エネルギー」、目標12「生産・消費」、目標15「陸上資源」であった。一方で、目標13「気候変動」と目標9「イノベーション」については、プラスの指標とマイナスの指標が拮抗するかたちとなった。同局は、過去15年間の長期的な傾向も分析しており、本報告書や概要冊子の他にも統計情報ウェブサイト等を用意して多面的に情報を提供している。

情報源 欧州連合統計局(Eurostat) ニュースリリース(PDF)
国・地域 EU
機関 欧州連合統計局(Eurostat)
分野 環境総合
キーワード 渡り鳥 | 生態系 | 気候変動 | 世界遺産 | ドイツ連邦環境省 | 有害物質 | ワッデン海 | 海洋廃棄物 | ネットワーク構築 | パートナーシップセンター設立
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS