中国科学院、三江源流地域の生態系サービスの将来のシナリオを推定

発表日:2020.04.16

中国科学院(CAS)は、三江源流地域の生態系の状況は、黄河、長江、メコン川の流域に影響を与えることから、土地利用変化シミュレーションモデル、気候モデル、生態系サービス評価モデルを組み合わせて、将来起こりうるシナリオを特定した。研究者たちは、出水量と土壌侵食の状態をシミュレーションし、土地利用開発の違いによる変化と地球規模の気候変動が出水量と土壌侵食に及ぼす影響を明らかにした。これまでの研究の多くは、1つまたは複数の特定の生態系サービスの解析に焦点を当ててきたが、今回の研究では、調査地域の特性、土地利用の変化の歴史的傾向、気候変動の傾向などを幅広く分析した。同研究の結果、開発シナリオが異なる場合でも三江源流地域では草地が支配的な土地被覆のタイプであること、また降水量の増加に伴って出水量が増加し、降水量の減少に伴って土壌侵食が減少することから、気候変動が出水量や土壌侵食の変化の主役となることが明らかになった。

新着情報メール配信サービス
RSS