中国科学院、ブラックカーボンと粉塵が中央アジアの氷河の融解を加速と報告

発表日:2020.07.09

中国科学院(CAS)は、氷河の雪に付着するブラックカーボン(BC)と鉱物性の粉塵などの光を吸収する不純物(LAIs)が中央アジアの氷河の融解を加速すると報告した。LAIsは1980年代以降、人為的な気候変動の重要な要因として認識されるようになり、その強い光吸収性からCO2に次ぐ地球温暖化の要因とされているが、氷河への影響に関する研究は進んでいない。同院は、中央アジアの氷河融解に及ぼすLAIsの影響を調べるために、Muz Taw氷河から採取した雪の試料中のBCや粉塵に着目して研究し、これらの濃度は変動していることが明らかになった。また、雪氷エアロゾル放射モデルを用いたシミュレーションでは、BCと粉塵の複合効果により、純粋な雪と比較して、雪のアルベドが約6.24~50.4%減少することが示された。

新着情報メール配信サービス
RSS