アメリカのエネルギー省など連邦3機関、海洋再生エネルギー推進のための8研究に共同で約500万ドルを助成

発表日:2010.10.26

アメリカのエネルギー省(DOE)、海洋大気庁(NOAA)、海洋エネルギー管理・規制・執行局(BOEMRE)は、2010年10月26日、海洋再生エネルギー推進のための8研究に共同で約500万ドルを助成することを発表した。洋上風力発電施設や波力・潮流・海流・海洋温度差による発電に関し、信頼できる適地選定と許認可を支えるために、3組織が海洋パートナーシッププログラム(NOPP)のもとで助成する。受給が決まった研究はいずれも、再生可能海洋エネルギーの環境影響に関して不足している情報を埋めるもので、今回の助成はクリーンで再生可能な海洋エネルギー産業の基盤整備に役立つとともに、国内のエネルギーミックスの多様化、エネルギー安全保障の向上、製造部門での雇用創出、二酸化炭素排出削減につながるという。エネルギー省長官ら助成3機関のトップはそれぞれ、海洋再生可能エネルギー開発に関する知見の拡大など、研究への期待を表明している。

新着情報メール配信サービス
RSS