東京湾再生推進会議、「東京湾再生のための行動計画(第二期)」を策定

発表日:2013.05.31

環境省は、平成25年5月31日に開催された第7回東京湾再生推進会議において、「東京湾再生のための行動計画(第二期)」を策定したと発表した。同会議は、東京湾に関連する関係省庁及び地方自治体からなり、平成15年3月に10カ年計画として東京湾再生のための行動計画(第一期)」を策定している。今回、同計画が平成24年度で最終年度となったことから、これまでの取組状況とその分析・評価(期末評価)を取りまとめ、これらをふまえた新たな今後10年間の「東京湾再生のための行動計画(第二期)」を策定した。第二期計画では、「東京湾全体でとれる新鮮な魚介類」を「江戸前」と定義し、東京湾再生と「食」とを結びつけ、「江戸前」が豊かに生息する環境を、目指すべき東京湾再生の姿のひとつとして、目標の中に新たに取り入れた。さらに、「東京湾再生官民連携フォーラム(仮称)」を設置し、多様な関係者の参画による議論や行動の活発化・多様化を図る等、東京湾の改善に向けた活動や行動の輪を広げるという。

新着情報メール配信サービス
RSS