政府、二国間クレジット制度に係る日・モルディブ二国間文書を署名

発表日:2013.06.29

外務省、環境省及び経済産業省は、平成25年6月29日に沖縄県において、「二国間クレジット制度に係る日・モルディブ二国間文書」に署名したと公表した。政府では、我が国の低炭素技術や製品等の移転を通じた温室効果ガス排出削減事業を途上国等で実施し、そこで達成された排出削減への我が国の貢献を適切に評価するため、「二国間クレジット制度」の構築を目指している。今回の二国間文書の署名により、同制度が正式に開始される国は、モンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニアに続き5か国目となった。三省では今後、二国間で合同委員会を設置し、制度を運用する予定で、同制度を通して、モルディブ国内における温室効果ガス排出削減に協力することにより、地球規模での温暖化防止に向けた努力に貢献していくという。なお、従前「二国間オフセット・クレジット制度」と呼称していた同制度の名称は、今回より表現を簡略化し「二国間クレジット制度」としている。

新着情報メール配信サービス
RSS