滋賀県、森林CO2吸収量認証制度の証書を4団体に交付

発表日:2013.09.30

滋賀県は、森林CO2吸収量認証制度の証書を4団体に交付すると発表した。同制度は、同県内の民有林で、企業や団体などが、植栽・下刈り・除伐・間伐・枝打ちなどの森林整備を行った森林について、1年間の二酸化炭素の吸収量を算定・数値化し、知事が認証する取組。同制度を活用し、企業や団体が森林を整備することで、琵琶湖を取り囲む森林の多面的機能を高めるとともに、地球温暖化防止に貢献できる。今回、申請のあった以下の4団体に、CO2吸収証書を交付することとなった。1)京セラ(株)滋賀蒲生工場の1.27t-CO2、2)滋賀県中小企業家同友会大津支部・南比良生産森林組合の44.30t-CO2、3)(株)エコネット、近畿環境保全(株)、(株)服部モータースの68.08t-CO2、4)積水樹脂(株)の17.05t-CO2。同県では、平成25年10月5日の「第8回森づくり交流会ふれあいフェスタ2013」において、交付式を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS