(独)国立環境研究所、ユスリカ標本DNAデータベースを公開

発表日:2014.03.26

(独)国立環境研究所は、「ユスリカ標本DNAデータベース」を、平成26年3月26日から公開すると発表した。ユスリカ科昆虫(ユスリカ)は、世界に広く分布し幅広い環境に生息している。幼虫が生息環境の水質に対して敏感に応答するために水質指標生物として、また、水中の有機物を分解することから水質浄化機能を持つ生物として世界的に注目されてきた。同研究所では、淡水生態系環境研究の一環としてユスリカの生態・分類の研究を進め、霞ヶ浦や多摩川等での調査により、水質の栄養状態のユスリカの種構成による類型化などを実施してきた。今回公開したデータベースは、種を判別するための基礎情報となる種固有DNA塩基配列(DNAバーコード)情報を整備したもの。このDNAバーコードを基準とすれば、従来、オス成虫標本でしか信頼性のある同定ができなかったユスリカの種を、専門家でなくとも比較的簡便に同定できる。同研究所では、これにより、淡水域生態系の評価・保全に役立つと期待されるという。なお、2014年3月時点で43種267件が公開される。

新着情報メール配信サービス
RSS