環境省、平成26年度省CO2加速化・基盤整備事業(リースを活用した業務部門省CO2改修加速化モデル事業)委託業務の公募を開始

発表日:2014.05.30

環境省は、平成26年度省CO2加速化・基盤整備事業(リースを活用した業務部門省CO2改修加速化モデル事業)委託業務を実施する事業者を公募すると発表した(公募期間:平成26年5月20日~6月19日17時必着)。同事業は、二酸化炭素(CO2)の大幅な削減が期待される高効率な省CO2設備の導入が進んでいない中小自治体や事業者を対象に、リースを活用した手法により、初期投資の調達等の課題を解決し導入促進を実現できる諸条件を導出し、全国で省CO2設備導入を加速化させることを目的とするもの。公募対象者は、1)民間企業、2)独立行政法人、3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人、4)地方公共団体、4)その他法律によって直接設立された法人、に該当する事業者で、複数の事業者による共同提案も可能。業務実施期間は、原則として3年度であるが、業務内容に応じて2か年で実施できる場合があるという。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 平成26年度省CO2加速化・基盤整備事業(リースを活用した業務部門省CO2改修加速化モデル事業)委託業務の公募について
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 環境省 | CO2排出量 | リース | 排出削減 | 高効率 | 業務部門 | 設備
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS