環境省、平成26年度大規模CO2削減ポテンシャル調査・対策提案委託業務に係る公募の採択結果を公表

発表日:2014.04.22

環境省は、平成26年度大規模CO2削減ポテンシャル調査・対策提案委託業務を実施する事業者決定したと発表した。同事業は、高効率設備の導入等により大規模なCO2削減の効果が見込まれる分野を対象に面的な対策として、エネルギー供給システム等の運用改善又は設備更新、熱エネルギーのカスケード利用等による新たな大幅削減の可能性を明らかにするとともに、効果的な対策提案を実施することにより、実現可能な削減方策の導出と低炭素な地域づくりの推進に資することを目的とするもの。今回、平成26年3月17日から4月4日まで公募を行ったところ9件の応募があり、審査の結果、以下の4件を委託契約候補者として採択した。1)三機工業(株)・アールアンドディーアイスクエア(株):湯野浜温泉、2)三機工業(株)・パシフィックコンサルタンツ(株):城崎温泉、3)(株)EECL:長門湯本温泉、4)(株)三菱地所設計:横浜駅東口地下街ポルタ。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 環境省 | CO2排出量 | 調査 | 排出削減 | 低炭素 | 高効率 | エネルギー供給 | 設備
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS