環境省、(仮称)新苫前風力発電事業計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.08.21

環境省は、北海道で計画されている(仮称)新苫前風力発電事業計画段階環境配慮書について、平成26年8月21日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)ユーラスエナジーホールディングスが、北海道苫前郡苫前町において、現在既に供用している総出力20,000kWの既設の風力発電設備を、同出力の風力発電施設に建て替えるものもの。事業実施想定区域及びその周辺は、道内でもバードストライクが多く確認されている地域である。また、事業実施想定区域の南部には広葉樹二次林等がまとまって残存している。今回の環境大臣意見では、1)新たな風力発電機の配置や既存風力発電機の撤去等に当たっては、バードストライクのリスクの回避・低減を図ること、2)回復が困難な湿地等の環境、自然植生地やまとまりのある森林の改変や分断を回避・低減するよう配慮すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | ユーラスエナジー | 騒音 | 湿地 | 環境影響評価 | 植生 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 猛禽類
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS