国環研、研究情報誌「環境儀」第54号「環境と人々の健康との関わりを探る~環境疫学~」を刊行

発表日:2014.10.06

(独)国立環境研究所は、同研究所の研究成果を分かりやすく伝える研究情報誌「環境儀」第54号「環境と人々の健康との関わりを探る~環境疫学~」を刊行した。同研究所では、環境と健康との関わりについて、実験研究と疫学研究という二つの異なる手法を用いた研究に取り組んでいる。人々の健康状態と環境との関わりを探ることによって、健康を悪化させ、病気の発生に関与する環境要因を見いだすことができれば、その環境要因を取り除いたり減らしたりすることによって、健康悪化や病気の発生の予防につながることが期待されている。今号では、研究所が取り組んできた環境疫学研究の中から、1)PM2.5などの大気汚染物質の健康影響に関する疫学研究、2)環境と子どもの健康との関連性を解明するための疫学調査:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)、について紹介。また、「環境疫学」とはどんな研究分野なのか、疫学研究と環境行政との関わりなどについても、わかりやすく解説している。

情報源 (独)国立環境研究所 報道発表
機関 (独)国立環境研究所
分野 健康・化学物質
大気環境
キーワード 国立環境研究所 | 疫学 | 環境儀 | 健康影響 | 大気汚染物質 | 環境行政 | エコチル調査
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS