国交省とエネ庁、省エネルギー型トラック運送に係る「エコドライブ総合プログラム実施の実証事業」の2次公募を開始

発表日:2014.10.27

国土交通省と経済産業省資源エネルギー庁は、省エネルギー型トラック運送に係る「エコドライブ総合プログラム実施の実証事業」について、間接補助事業の2次公募を開始すると発表した(公募期間:平成26年11月10日~11月18日)。これは、両者の連携により行う、平成26年度「省エネルギー型ロジスティクス等推進事業費補助金(省エネルギー型陸上輸送実証事業)」の一環となるもの。今回募集する事業では、エコドライブの効果を実証するため、事業用トラック(いわゆる営業用トラック)に係る事業者が専門のコンサルタント会社からのエコドライブ指導を受けるために必要な経費などを支援し、エコドライブによるトラック輸送の省エネルギー化のデータの取得を行う。補助対象事業者は、1)貨物自動車運送事業者、2)第二種貨物利用運送事業者、3)自家用トラック事業者、4)1・2を構成員に含む団体、5)リースする事業者、である。なお、補助申請の合計額が予算額に達した場合、公募期間内であっても公募は終了するという。

情報源 国土交通省 報道発表資料
経済産業省資源エネルギー庁 公募
パシフィックコンサルタンツ(株) 平成26年度『省エネルギー型陸上輸送実証事業(省エネルギー型トラック運送に係るエコドライブ総合プログラム実施の実証事業)』の2次公募について
機関 国土交通省 経済産業省資源エネルギー庁 パシフィックコンサルタンツ(株)
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー | 国土交通省 | 実証 | エコドライブ | 資源エネルギー庁 | トラック | 補助 | 運送 | パシフィックコンサルタンツ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS