環境省、APN第20回年次会合の開催結果を公表

発表日:2015.04.02

環境省は、平成27年3月25日から27日にネパール・カトマンズで開催された、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)の第20回年次会合の結果を公表した。APNは、アジア太平洋地域における地球変動研究の推進を目的として、1996年に発足した政府間組織。日本(環境省・兵庫県)は、設立以来最大の拠出国としてAPNを支援している。今回の会合では、20周年を記念して過去の研究成果の報告が行われたほか、5か年の第四次戦略計画が決定され、重点研究分野の追加、研究成果の普及・広報の強化、資金の多角化等の方針が明記された。また、資金の多角化方針の一環で、日本からは新たに東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)との共同研究のスキームを提案し、参加各国から大きな関心が寄せられた。なお、次回会合は、中国またはタイがホストすることで調整することとなった。

新着情報メール配信サービス
RSS