環境省、第17回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM17)の結果を公表

発表日:2015.05.01

環境省は、平成27年4月29日から30日に中国・上海で開催された第17回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM17)の結果を公表した。同会合は、北東アジアの中核である日本・中国・韓国の三カ国の環境大臣等が一堂に会し、同地域及び地球規模の環境問題に関する対話を行い、協力関係を強化することを目的とするもの。今回は、三カ国の国内環境政策の進捗状況の紹介・意見交換を行うとともに、今後5年間(2015年~2019年)の「環境協力に係る日中韓三カ国共同行動計画」、及び結果を取りまとめた共同コミュニケが採択された。同計画では、大気環境改善分野について、1)対策に関する科学的な研究、2)大気のモニタリング技術及び予測手法、に関する二つのワーキンググループを新たに設置し、地域の大気環境改善のため三カ国の協力を強化していくことになった。また、水及び海洋環境改善分野では、海洋ごみに関するワークショップを開催し、データの共有、各国の政策や経験に関する情報を交換することが合意された。なお、次回会合は、日本で開催される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS