環境省、第15回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM15)の結果を公表

発表日:2013.05.07

環境省は、平成25年5月5日から6日に福岡県北九州市で開催された第15回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM15)の結果を公表した。同会合は、北東アジアの中核である日本・中国・韓国の三カ国の環境大臣等が一堂に会し、同地域及び地球規模の環境問題に関する対話を行い、協力関係を強化することを目的とするもの。今回は、三カ国の国内環境政策の進捗状況の紹介を行うとともに、大気汚染、グリーン経済、気候変動、生物多様性などについて率直な意見交換を行い、共同コミュニケを採択した。また、次回会合は、韓国で開催されることが決定され、2014年以降の優先協力分野を議論することとなった。あわせて、中国、韓国とそれぞれ二国間会談を行った。なお、今回の会合は、会合の開催に伴って発生する推計約16トンの温室効果ガス排出量を、宮城県での温暖化の取組により創出されたオフセット・クレジット(J-VER)を使って、カーボン・オフセットされたという。

新着情報メール配信サービス
RSS