環境省、太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分の推進に向けた検討結果を公表

発表日:2015.06.23

環境省は、太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分の推進に向けた検討結果を公表した。同省では、再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって大量に導入される太陽光発電設備・風力発電設備等の将来の大量廃棄に備えて、平成25年度から有識者等で構成される検討会において、太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分の推進に向けた検討を経済産業省と連携して実施してきた。今回とりまとめた検討結果では、太陽光発電設備等のリサイクルに関するモデル事業、分析試験、調査等を通じて、太陽光発電設備等の排出・撤去・運搬・処理の各段階での課題が整理され、国や関係者が取り組むべき対策が示された。同省では今後、「太陽光発電設備の撤去・運搬・処理方法に関するガイドライン」の策定・周知を進めるなど、検討結果に基づき、経済産業省や業界団体等と連携し、太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分の推進に向けた取組を順次実施していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS