環境省、(仮称)宮古岩泉風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2015.12.21

環境省は、(仮称)宮古岩泉風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、平成27年12月21日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)グリーンパワーインベストメントが、岩手県宮古市及び岩泉町において、総出力199,500kW(2,850kW×70基)の風力発電設備を新設するもの。同事業の工事計画は、切土を主体として多くの改変が行われる計画となっている。また、対象事業実施区域及びその周辺では、希少猛禽類の生息が確認されており、特に国内希少野生動植物種であるイヌワシが当該区域及びその周辺に飛来、採餌行動が確認されている。今回の環境大臣意見では、1)工事計画の見直しにより、残土の発生を最小限に抑え、土捨場を原則廃止すること、2)イヌワシの重要な餌場への移動ルートを確保するため、一部の風力発電設備の設置の取りやめを含む抜本的な見直しを行うこと、3)イヌワシのバードストライクが発生した場合の原因解明及び追加的な措置を行った上での稼働、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 騒音 | 環境影響評価 | 岩手県 | 環境大臣意見 | 猛禽類 | イヌワシ | グリーンパワーインベストメント
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS