環境省、(仮称)福島沿岸部風力発電構想に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2016.03.31

環境省は、福島県で計画されている「(仮称)福島沿岸部風力発電構想計画段階環境配慮書」について、平成28年3月31日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、福島県阿武隈風力発電環境アセスメントコンソーシアムが、福島県南相馬市、双葉郡広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町において、最大で総出力525,000kWの大規模な風力発電事業を実施するもの。また、未来の新エネルギー社会実現に向けたモデルを福島で創出することを目指した「福島新エネ社会構想」に関連する事業であり、事業実施想定区域は避難指示区域を含んでいる。今回の環境大臣意見では、1)復興や今後の地域利用の方向性等を踏まえた事業内容等について、関係機関等と十分に協議及び調整するとともに、住民の関与の機会を確保すること、2)福島県が、今後、事業者の指導等を通じて同事業に適切に関与すること、3)累積的な環境について適切に予測及び評価を行い、配置等を検討すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
健康・化学物質
自然環境
大気環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 騒音 | 環境影響評価 | 福島県 | 放射性物質 | 避難指示区域 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 風車
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS