環境省、アジア太平洋3R推進フォーラム第7回会合の結果を公表

発表日:2016.11.08

環境省は、オーストラリア連邦政府、南オーストラリア州政府、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)及び国際連合地域開発センター(UNCRD)との共催により、平成28年11月2日から4日にオーストラリアのアデレード市で開催された「アジア太平洋3R推進フォーラム」第7回会合の結果を公表した。同会合は、3Rに関するハイレベルの政策対話の促進、3R推進に役立つ制度や技術の情報共有等を目的とするもの。今回は、「持続可能な開発アジェンダ2030に向けた3Rと資源効率性の進歩」を全体テーマに、アジア諸国及び太平洋島嶼国等から41カ国の政府、国際機関、援助機関、民間企業、研究機関、NGOなど350名超が参加。1)SDGsに向けた3Rの貢献、2)強靱な都市と社会に向けた3Rと資源効率性、3)地域開発のための廃棄物管理と地方資源の基礎としての3R、4)3R技術と実践の進化、などに関する議論を行った。会合の成果文書として、議長サマリー及びアデレード3R宣言が採択された。次回会合は、インドで開催される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS