トヨタ、中国の研究開発拠点に水素ステーションを建設

発表日:2017.04.18

トヨタ自動車(株)は、中国の江蘇省にある同社の研究開発センター(常熟高新技術産業開発区内)に、オフサイト型の水素ステーションを建設すると発表した。同社では、UNDP(国連開発計画)等の資金提供による「中国燃料電池自動車商業化発展促進プロジェクト」に参画を予定している。今回、中国各地で燃料電池自動車(FCV)の実証実験を行うに当たって、既設の水素ステーション(北京、上海、広州等)とともに活用するインフラのひとつとして、同ステーションを整備する。実証実験は、2017年から2020年の3年間の計画で、2017年10月のFCV導入(2台)を皮切りに、車両走行調査、水素品質調査、各種品質・耐久性評価などを実施するという。同社は、2015年10月から中国産ハイブリッドユニット搭載車の販売を開始しており、2018年にはプラグインハイブリッド車の導入を予定している。

新着情報メール配信サービス
RSS