トヨタ自動車(株)、セダンタイプの新型燃料電池自動車を発売へ

発表日:2014.06.25

トヨタ自動車(株)は、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)を公開し、2014年度内に日本で発売すると発表した。同社では、水素と酸素の化学反応により発電をするFCスタックや、燃料となる水素を貯蔵する高圧タンクを中心としたFCシステムを自社開発しており、2002年以降は日米でSUVタイプのFCVを導入してきた。今回公開したFCVは、航続距離はJC08モードで約700kmを確保し、燃料の補給(水素の満充填)に要する時間は3分程度とガソリンエンジン車と同レベルになっている。また、FCVが走行中に排出するのは、水素と酸素の化学反応で発生した水だけで、CO2や環境負荷物質を排出しない。同社では、水素ステーションの整備が予定されている地域、及びその周辺地域の販売店を中心に販売する見込みで、価格は700万円程度を予定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS