トヨタとFuelCellEnergy、米国カリフォルニア州におけるFCV用水素の分散型・発電所併設型供給施設の建設について発表

発表日:2017.12.01

トヨタ自動車(株)の北米事業体TMNAは、燃料電池発電事業を手がける「FuelCell Energy」社とともに、米国カリフォルニア州ロングビーチ港に、燃料電池自動車(FCV)の燃料となる水素を生み出し、2.35メガワットの発電が可能な燃料電池(FC)発電所および水素ステーションを併設する供給施設を建設すると発表した。同システムは、同州の畜産場の家畜排せつ物や汚泥等の廃棄物系バイオマスから水素を取り出し、「溶融炭酸塩型燃料電池(MCFC)」を用いて発電を行うことで、FC発電で排出される水も含め、再生可能エネルギーから水素・電気・水を生み出す。建設は2018年より開始し、2020年頃の稼働開始を予定している。

新着情報メール配信サービス
RSS