環境省、(仮称)浜里風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2017.06.01

環境省は、(仮称)浜里風力発電事業環境影響評価準備書について、平成29年6月1日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)道北エナジーが、北海道天塩郡幌延町において、最大で総出力61,200kW(3,600kW×17基)の風力発電所を設置するもの。対象事業実施区域及びその周辺は、ラムサール条約登録湿地などが集中的に存在し、自然環境保全上、極めて重要な地域である。また、希少猛禽類であるチュウヒ及びオジロワシの生息環境となっている。今回の環境大臣意見では、1)景観及び鳥類への影響が強く懸念される風力発電設備について、設置の取りやめ又は配置の変更を行うこと、2)国立公園の利用者等の意見を聴取し、風力発電設備の高さ、基数、配置等を更に詳細に検討すること、3)チュウヒへの影響について、追加的な調査、予測及び評価を実施し、設置の取りやめを含めた配置の見直しを行うこと、4)植物及び生態系への影響について、十分な予測及び評価を実施し、設置の取りやめ又は配置の変更を行うこと、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 生態系 | 環境省 | 北海道 | 植物 | 環境影響評価 | 景観 | 鳥類 | 環境大臣意見 | 道北エナジー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS