環境省、再エネ拡大等に係る省内検討の結果を公表

発表日:2018.03.20

環境省は、再エネ拡大等に係る省内検討の結果を取りまとめた「再エネ加速化・最大化促進プログラム2018年版」を公表した。これは、再エネを日本の主力エネルギー源へと押し上げるという基本的な考え方を示しつつ、消費者・企業・自治体が再エネ拡大の主役であり、再エネに関する取組などのメリットなどを整理した資料で、環境省の主要な施策や参考事例集なども記載されている。再エネの拡大と省エネ・畜エネのパッケージ化を基本として、住まいやオフィスあるいは地域ぐるみの取組の促進を図り、長期低炭素ビジョンを踏まえた2050年大幅削減を加速したいという。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 環境省再エネ加速化・最大化促進プログラム2018年版
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 省エネルギー | 環境省 | 企業 | 低炭素 | 地域 | 自治体 | 消費者 | 蓄エネルギー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS