環境省、中小廃棄物処理施設における廃棄物エネルギー利用促進に係る技術評価事業の公募を開始

発表日:2018.05.31

環境省は、平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業等委託費(中小廃棄物処理施設における先導的廃棄物処理システム化等評価事業)の公募を開始した。同事業は、廃棄物エネルギー利用に係る方針を進める上で、1日当たり処理量が100 t未満の「中小廃棄物処理施設」における余熱利用等の促進が必要であることから、中小規模の施設を有する自治体と、先導的な技術ノウハウを有する企業の連携による取組を通じて、1)廃棄物のガス化による高効率発電技術、2)ボイラータービン方式等による高効率発電技術、3)既存技術の最適化・組み合わせによるエネルギー回収等技術などの評価等を行い、その成果や技術的知見を水平展開しようとするもの。平成30年5月31日から6月28日まで事業を募集し、6月下旬に書類審査、7月中旬に審査委員会におけるヒアリングを行い、先導的廃棄物処理のシステム化または要素技術の評価・検証を行う事業者を選定するという(採択件数:2~3件)。

新着情報メール配信サービス
RSS