環境省、地域連携・低炭素水素技術実証事業1次公募(平成30年度)の採択案件を公表

発表日:2018.06.05

環境省は、平成30年度地域連携・低炭素水素技術実証事業(1次公募)の採択案件を公表した。同事業は、水素の低炭素化と本格的な利活用(サプライチェーンの確立・普及)を通じ、中長期的な地球温暖化対策を推進することを目的とするもの。地域の再生可能エネルギー等を活用して水素を製造、貯蔵、輸送、供給し、燃料電池自動車や燃料電池等へ利用するまでの一貫した水素サプライチェーンの実証を、国内で行う。今回、公募に応募のあった5件の提案事業のうち、(株)NTTデータ経営研究所と大成建設(株)の「再生可能エネルギー(風力)による水素製造」2件を選定し、採択した。(株)NTTデータ経営研究所では、秋田県能代市において、風力発電により製造した水素を、都市ガスに近似したガスに水素を混合し、ガス配管により隣接地に設置した利用場所へ供給し、市販ガス機器において、水素混合ガスを実際に使用するという。

新着情報メール配信サービス
RSS