環境省、ESG対話プラットフォーム整備事業(平成30年度)の参加企業を募集

発表日:2018.07.02

環境省は、平成30年度環境情報開示基盤(ESG対話プラットフォーム)整備事業において、2つのプログラムの参加企業を募集すると発表した。同省は、企業と投資家等が集い、環境情報を中心とした対話を行う「ESG対話プラットフォーム」の構築を目指し、3年間の技術実証を経て、平成28年度から本格運用を見据えた実証事業を進めている。平成30年度は、1)プラットフォーム上に登録する環境情報を気候変動の最重要項目に絞り込んだ簡易フォーマットの活用により、環境情報の登録支援のための講座を実施する「環境情報支援プログラム」と、2)プラットフォーム上で参加企業と投資家等が双方向の直接対話できるコミュニケーションツールを使用し、企業のESGに係る取組をアピールし、投資家との直接面談にチャレンジする「ESG対話プログラム」を実施する。平成31年1月からプラットフォーム上での環境情報の登録を予定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS