環境省、国際生物多様性の日シンポジウム「生物多様性と食と健康~SDGsを身近に~」の開催予定を紹介

発表日:2019.04.15

環境省は、国際生物多様性の日シンポジウム「生物多様性と食と健康~SDGsを身近に~」の開催予定を紹介した。国連は、毎年5月22日を国際生物多様性の日と定めており、生物多様性条約(CBD)事務局が中心となり、世界中で生物多様性の保全に関する催事が行われている。今年は、平成31年5月11日に国連大学(東京都渋谷区)において、国際テーマでもある「生物多様性と食と健康」をテーマとしたシンポジウムが、同省、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の主催により開催される。シンポジウムでは、我々の日々の食卓に目を向け、将来にわたり持続的に食料を得て、そして健康に生活していくための様々な選択を考えるとともに、持続可能な食料生産により地域を活性化している事例を取り上げ、生物多様性と食料生産の調和がSDGsの多くのゴールの達成に資することを確認し、地域循環共生圏の実現につなげるという。

新着情報メール配信サービス
RSS