大阪府など、海洋プラスチックごみ問題から考えるSDGsシンポジウムの開催予定を紹介

発表日:2019.05.13

大阪府と関西広域連合は、海洋プラスチックごみ問題から考えるSDGsシンポジウムの開催予定を紹介した。同府では、2025年大阪・関西万博の開催地として、SDGs先進都市をめざし、プラスチックごみによる汚染防止の取組みを進めている。また、同連合においても、「琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会海ごみ発生源対策部会」において、海ごみ発生抑制に向けた調査および検討を進めている。このシンポジウムは、同府および関西圏域の自治体や事業者団体等関係者の協力・連携により、さらなる取組みを進めていくために開催するもの。令和元年6月11日に大阪府内(大阪市北区)で、同府、同連合の主催により、1)基調講演、2)特別講演、3)同対策部会の取組報告、4)海ごみ対策における国の動き、5)パネルディスカッション「海ごみ対策における各団体の取組と今後について」など行うという(事前申込制、参加費:無料、定員:300名)。

新着情報メール配信サービス
RSS