埼玉県、平成29年度の一般廃棄物の排出及び処理状況等を公表

発表日:2019.05.21

埼玉県は、平成29年度における埼玉県内の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等の調査結果を公表した。同調査は、環境省の「一般廃棄物処理事業実態調査(平成29年度実績)」に基づき収集したデータを取りまとめたもの。これによると、平成29年度におけるごみの総排出量は230万4千トン(前年度比0.8%減)で、県民1人1日当たりのごみ排出量は858g(前年度比1.1%減)となった。また、リサイクル量は55万3千トン(前年度比2.4%減)で、リサイクル率は24.0%(前年度比0.5ポイント減)であった。さらに、最終処分量は10万トン(前年度比3.6%減)、県民1人1日当たりの最終処分量は37グラム(前年度比3.9%減)であった。同県では、県内の最終処分場の残余容量には限りがあるとともに、限りある資源を有効利用し、地球への環境負荷を減らすためにも、更なるごみの減量化や再資源化を推進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS