香川県、平成30年度の廃棄物の排出・処理状況を公表

発表日:2020.04.16

香川県は、平成30年度の香川県内の一般廃棄物、産業廃棄物の排出・処理状況を公表した。これは、県内市町・一部事務組合を対象に実施した「一般廃棄物処理事業実態調査」を集計するとともに、県内の産業廃棄物処理業者から提出のあった実績報告等から推計したもの。平成30年度の結果は以下のとおり。1)一般廃棄物:ごみ総排出量は31.1万トンで計画目標値(令和2年度:29.0 万トン)を2.1 万上回った。一人一日当たりのごみ排出量は863gで計画目標値(令和2年度:815g)を48g上回った。また、リサイクル率は18.9%で計画目標値(令和2年度:24%)を5.1ポイント下回り、目標を達成した。最終処分量は3.1万トンで計画目標値(令和2年度:3.0万トン)を0.1万トン上回った。2)産業廃棄物:総排出量は247.6万トンで、計画目標値(令和2年度:242万トン)を5.6万トン上回った。また、リサイクル率は71.0%で計画目標値(令和2年度:71.5%)を0.5ポイント下回り、目標を達成した。最終処分量は17.9万トンで計画目標値(令和2年度:17.2万トン)を0.7万トン上回った。

新着情報メール配信サービス
RSS