環境省と国交省、IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業の募集結果を公表

発表日:2019.06.27

環境省と国土交通省は、IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業の募集結果を公表した。同事業は、地域循環共生圏の構築を見据え、地域交通の脱炭素化と、地域が抱える様々な交通課題の同時解決を目指し、各地域において、IoT技術等とグリーンスローモビリティ(電動で、時速20㎞未満で公道を走る4人乗り以上のモビリティ)を組み合わせた、新たな持続可能な公共交通モデルの効果・事業性を実証するもの。平成31年4月3日から4月26日までIoT技術等とグリーンスローモビリティを組み合わせた活用方法の効果・事業性を実証する事業の公募を実施し、有識者委員の審議を経て、二酸化炭素排出減効果やIoT技術等を活用した実証テーマの具体性・有効性・事業の実行可能性等が高い7地域(福島県(2件)、大阪府、島根県、広島県、香川県、大分県)を採択した。採択となった事業については、令和元年秋頃を目処に実証を開始する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS