環境省、廃熱・湧水等の未利用資源の効率的活用による低炭素社会システム整備推進事業(平成31年度)の2次公募を開始

発表日:2019.07.22

環境省は、平成31年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃熱・湧水等の未利用資源の効率的活用による低炭素社会システム整備推進事業)の2次公募を開始すると発表した(公募期間:令和元年7月22日~8月9日18時)。同事業は、未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2の排出を抑制する設備等の導入を行うために要する経費の一部を補助するもの。対象事業は、地域の未利用資源等を活用した社会システムイノベーション推進事業(社会SI)、低炭素型の融雪設備導入支援事業(融雪)、地域熱供給促進支援事業(熱供給)の3事業となっている。募集内容の詳細は、同事業の執行団体である(公財)北海道環境財団のホームページに掲載されている。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)北海道環境財団 公募情報
機関 環境省 (公財)北海道環境財団
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 低炭素社会 | バイオマス | 廃熱 | 湧水 | 北海道環境財団 | 低炭素型 | 未利用資源 | エネルギー起源CO2 | 融雪設備
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS