環境省、地域におけるESG金融促進事業に係る支援先機関の公募情報を公表

発表日:2019.09.02

環境省は、地域におけるESG金融促進事業に係る支援先機関の公募情報を公表した。同事業は、環境・社会にインパクトがあり、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るべく、委託先である三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)において、事業に参加する支援先機関(地域金融機関)を公募したもの。令和元年7月1日から7月31日まで1次公募を行い、厳正なる審査を行った結果、以下の5機関について採択することを決定した。1)(株)鹿児島銀行:バイオマス発電による地域課題解決とエネルギーの地産地消モデル構築事業、2)(株)滋賀銀行:焼却炉建設兼廃棄物発電計画、3)(株)栃木銀行:地域資源利用の省エネルギーハウス農業、4)(株)広島銀行:自動車関連サプライヤーに対するESG要素を考慮した事業性評価の導入、5)(株)みなと銀行:埋めない、燃やさない低炭素型プラスチック循環プロジェクト。同省では、採択予定機関は8機関を予定しており、同年9月2日より2次公募を開始するという。

情報源 環境省 報道発表資料
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) お知らせ
機関 環境省 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 環境省 | 地域 | 鹿児島銀行 | 三菱UFJリサーチ&コンサルティング | ESG金融促進事業 | 支援先機関 | 滋賀銀行 | 栃木銀行 | 広島銀行 | みなと銀行
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS