国交省、MaaS基盤となるデータの方向性に関する検討会(第1回)の開催概要を公表

発表日:2019.09.17

国土交通省は、MaaS基盤となるデータの方向性に関する検討会の第1回会議を開催すると発表した。MaaSは、地域や観光地の移動手段の確保・充実や公共交通機関の維持・活性化等に資する新たなサービスとして、全国各地で取組みが始まっている。この検討会は、平成31年3月の「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」の中間とりまとめを踏まえ、MaaSの全国的な普及を前に連携するデータの範囲やそのルール、データの形式等について整理し、一定の方向性を提示することは、利用者及び事業者の双方にとって有益であるとの認識のもと、開催されるもの。令和元年9月19日に中央合同庁舎(東京都千代田区)で開催され、MaaS関連データの範囲等について具体的な検討を行うという(会議は傍聴不可)。

新着情報メール配信サービス
RSS