八都県市、ディーゼル車対策に係る一斉取組を実施

発表日:2009.10.20

八都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市)は、ディーゼル車対策に係る一斉取組を平成21年10月20日(火)に実施すると発表した。八都県市では、自動車排出ガスによる大気汚染の早期改善に向けて、ディーゼル車両の運行を規制する各条例により、平成16年度から連携協力した取組を進めている。平成20年度における八都県市内の大気環境は、前年度に引き続き、全測定局で浮遊粒子状物質の環境基準を達成した。しかし、車両の一部には、排出ガスが条例の基準を満たさないものもあり、継続的に環境基準の達成を維持していくためには、引き続き条例によるディーゼル車規制の取締り及び周知が重要としている。今回、平成15年10月の条例の運行規制施行月にちなみ、10月20日(火)を統一行動日に設定し、八都県市内でバス・トラックの多く集まる集客・観光施設及び物流拠点において、一斉に取締り及び周知活動を実施する。

新着情報メール配信サービス
RSS