宮城県、令和2年度省エネルギー・コスト削減実践支援事業(第2期募集)の受付を開始

発表日:2020.07.28

宮城県は、令和2年度省エネルギー・コスト削減実践支援事業(第2期募集)の受付を開始すると発表した(公募期間:令和2年8月3日~9月4日)。同県では、県内の事業者の省エネルギー設備等の導入と経営コスト削減を支援するため、省エネルギー設備等の導入事業に要する経費の一部を補助している。交付対象は、1)EMS枠:エネルギーマネジメントシステム(EMS)を併設した省エネルギー設備の導入事業、2)診断枠:省エネルギーセンター等が行う省エネルギー診断の結果に基づき実施する省エネルギー設備の導入事業、3)県産ものづくり振興枠:県認定製品の省エネルギー設備の導入事業、4)一般枠:1)から3)以外の省エネルギー設備の導入事業、のいずれかを満たす事業。補助率は1/3~1/2以内で、予算額は1,000万円となっている。募集の詳細は、同県ホームページで確認できる。

新着情報メール配信サービス
RSS