国交省、令和2年度既存建築物省エネ化推進事業(建築物の省エネ改修工事)の第2回提案募集を開始

発表日:2020.08.03

国土交通省は、令和2年度既存建築物省エネ化推進事業(建築物の省エネ改修工事)の第1回提案募集を開始すると発表した(応募期間:令和2年8月3日~9月4日消印有効)。同事業は、既存建築物の省エネ化の推進及び関連投資の活性化を図るために、民間事業者等が行う既存建築物の省エネルギー性能の向上に資する改修等を支援するもの。事業要件は、1)躯体(外皮)の省エネ改修工事を行うもの、2)建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して、20%以上の省エネ効果が見込まれる改修工事を行うもの、3)改修後の建築物の省エネルギー性能を表示するもの等で、補助率1/3、補助限度額1件当たり5,000万円(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで)となっている。応募の詳細は、(一社)日本サステナブル建築協会同機構のホームページで確認できる。

情報源 国土交通省 報道発表資料
(一社)日本サステナブル建築協会 更新情報・お知らせ
機関 国土交通省 (一社)日本サステナブル建築協会
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー | 国土交通省 | 建築物 | 既存建築物 | エネルギー消費量 | 省エネ効果 | 省エネ化推進事業 | 改修工事 | 省エネ改修工事 | 省エネルギー性能
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS